カズレーザーはサイコパスの性格?メンタル強すぎる圧倒的な理由! | UniqueNet+

カズレーザーはサイコパスの性格?メンタル強すぎる圧倒的な理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年2015年の末にお笑い界に新しい風を巻き起こした芸人・メイプル超合金! 話が噛み合わない漫才が特徴的で、ボケが秀逸すぎることで話題になりました。

中でも、ボケ担当のカズレーザーは他の芸人からも「こいつヤベエ」と危ない人認定されてしまうほど頭がぶっ飛んでいます。突っ込み担当の安藤なつも普段の付き合いで「なんでこいつこんなことすんのか分かんねえ!」とビックリしてしまうほど。

そんなカズレーザーを見た視聴者からは「サイコパスだろwww」とあまりの異常っぷりに、驚きと笑いが絶えません。なぜこんなにもカズレーザーは我が道を行けるのか? なぜメンタルがこれほどまでに強いのか?

今回はカズレーザーの性格を分析しながら、強靭なメンタルを誇る理由を徹底的に解説していきます!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

カズレーザーの性格は空気読めないヤバイ奴?

「言っとくけど、バグってるよ(自分の頭指さしながら)」

相方・安藤なつもドン引きなカズレーザー。ネタなのに、本人が言っちゃうとマジで頭イカレてるな~~と思わされてしまう圧倒的なこのクレイジーさ。いや、ネタですからね。本当は真面目な人物に違いない。

そう思ったのも束の間。

知れば知るほど彼の言動がぶっ飛んでいることに気づきます。

中でも有名なエピソードに、バンダイ(ゲーム会社)の面接会場に「全身赤の服装で金髪」という奇抜な恰好で行ったというものがあります。服装は自由。よし、それなら俺はいつもの恰好だな。そう納得したカズレーザー。

しかし、現実に待ち受けていたのは全身を黒スーツに身を包んだ就活生たち。一人だけ真っ赤な姿で会場でも目立ちまくり。仕舞いには「おい、シャアがいるぞ」と2chにさらされてしまうのでした。

もう本当ね……、ピュアかよ。

服装自由を間に受けて本気で実行してしまうとか、我が道を行ってます。日本の常識なんてクソくらえ! そんな正直さが視聴者に受ける要因となっているのでしょう。日本の常識、「こうあるべきだ」という考えがカズレーザーには全くないのです。大学時代から全身赤のトータルコーディネートをし続けているカズレーザー。

漫才の中で、安藤なつからの突っ込みでこう返しています。

「恥ずかしいなんて自覚があったら人前でこんな格好で出てくると思う?」

確かに。確かにそうだ。恥ずかしいなんて自覚がないから何でもできるんだ! カズレーザーの意識というか思考回路は、世間一般とは違うようです。というか真逆なんでしょう。もうこれは名言ですよ。カズレーザーの発言には毎度唸らされてしまいます。

関連記事:カズレーザー流筋肉の鍛え方!胸囲と二の腕は何センチ?

サイコパス認定された背景

カズレーザーがサイコパス認定された背景には、上記の漫才でのボケやバンダイ面接エピソードなどがあることが要因です。普通の人が良しとされる日本で「あまりにも異常」だった為に、注目されることが多くなったのです。

そもそもサイコパスというのは、人間としての良心が欠落している人のことを指します。彼らの生態は恐ろしく「人間」から逸脱しています。自身の利益のためなら他人の死さえいとわない性質を持ち合わせているのです。ターゲットにされた人間はたまったもんじゃありませんね。しかしサイコパスの被害は通常、表に出ることはありません。

サイコパスはターゲットをじわじわ追い詰める。そしてターゲット以外からは魅力的な人だと認識されているので、周囲は全く気が付くことはないのです。怖いですね。

しかしカズレーザーの言動は一貫していますし、安藤なつが精神的に追い詰められているという風には見えないので、サイコパス認定はネットユーザーがネタのためにでっち上げた情報といえそうです。

仮にカズレーザーがサイコパスだとして、安藤なつが被害に遭っているとすれば恐ろしい事実ですけどね。だって視聴者や周りの関係者は全く気付くことができないわけですから、助けようがありませんし。そこがサイコパスの怖い所です。

とまあ話を戻しまして、カズレーザーがサイコパス並みの強靭な精神の持ち主だということは本当です。

過去に、「あの有名人に聞きたくても聞けないことを聞いちゃおう」というバラエティ番組が放送されていました。そのとき、カズレーザーは有名人に臆することなくインタビューをしていたからです。

そしてここでも名言が。

「肩書きなくしちゃったら、ただの人間ですから」

肩書きに弱い日本人に耳をかっぽじってぜひ聞いていただきたい台詞です。

この見事な、本質を見抜く人間としての能力の高さ。カズレーザーの頭の良さは伊達じゃなかったということ。肩書きにもこだわることなく、堂々のインタビュー。女優のなぎこさんにも「話題作りのために結婚と離婚を繰り返しているんじゃなくて?」と質問するメンタルの強いこと強いこと。

相手が明らかに嫌がってるのに、全く動ずることがない。それどころか「え? ちょっと何言ってるか分かんないですね」「聞き取れないんで、もう一回言っていただけます?」「僕みたいなペーペーの、ポっと出の新人に聞かれるのって、ぶっちゃけ悔しいですか?」などなど。

あらゆる手を駆使して相手を煽ります。カズレーザーの煽りのタイミングや話し方など上手いな~と思ってしまいます。芸人には頭のいい人が多いと言いますが、笑いは計算して生み出されるもの。カズレーザーはその点を深く理解しているのでしょう。頭のいい人ってのは人生を生き抜く際に有利ですね。周りに左右されるのではなく、自らの良さを生かして影響を与えることができるということですから。

最近ではカズレーザーのテレビ出演も増えてきたことですので、ますます彼の発言に注目していきたいと思います。カズレーザーには、日本の「普通」に染まらずあるがままで突き抜けてほしいものですね。

関連記事:カズレーザー流筋肉の鍛え方!胸囲と二の腕は何センチ?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加