山本良一(Jフロント社長の妻と子供は?経歴と年収がすごい | UniqueNet+

山本良一(Jフロント社長の妻と子供は?経歴と年収がすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月5日放送のカンブリア宮殿にJフロントリテイリング社長・山本良一さんが出演されます!

カンブリア宮殿やプロフェッショナル仕事の流儀などの番組では、仕事の新しい見方が発見できるので興味深いですよね。

今回は社長である山本良一さんの家族や経歴についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

山本良一(やまもとりょういち)の経歴や学歴

山本さんは、1951年生まれの実業家です。

横浜市出身で、横浜市立桜丘高等学校へ通っていました。

高校時代はバスケットボール部に所属し、国体に出場。

大学は、明治大学商学部へと進学しています。

1973年(22歳の時)には百貨店・株式会社大丸に入社。

老舗の百貨店として知られており、建物の見た目も重厚さを感じさせる作りになっています。

百貨店は豪華なイメージがあるので、外見の部分でも特別感の演出が上手いなと感じますね。

その後は大阪・梅田店営業企画部長、百貨店業務本部営業改革推進室部長という仕事をしています。

2003年には、役員の経験がなかったにも関わらず、13人をすっぱ抜いて社長に就任。

2010年、大丸松阪屋百貨店の社長に就任。

2013年4月にJフロントリテイリング社長になっています。

2016年のインタビューでは、百貨店での購買意欲を高めるために戦略を練りに練っていることを答えていました。

多くの人は、通勤経路や居住地などで生活行動範囲が決まり、買い物の場所もおのずとその範囲の中で決まります。

そうしてできた「脳内ショッピングマップ」の一つに追加されるためには、来店するきっかけを作り、認知してもらい、行動範囲や習慣を変えてでも来店していただけるような仕掛けが必要です。

そのために、売り場構成を常に変化させ、これまでの百貨店のイメージとは少し違うテナントも誘致することで、新しい客層の掘り起こしに取り組んでいます。

自分のサービスや商品を、購入の選択肢に入れてもらう取り組みが必要不可欠だなと感じました。

全体的に消費が落ち込んでいるので、中間層にある顧客へのアプローチが大事だと山本さんはインタビューで語っていました。

家族について!妻と子供はいるのか

山本さんの家族についても調査をしました。

最近では実業家の方もFacebookなどのSNSを利用している方が増えていますが、山本さんのアカウントはありませんね。

もしかしたら家族の写真など投稿しているかも? と思いましたが、残念ながら見当たりませんでした。

とあるインタビューで休日の過ごし方を聞かれた際には、

全国の店舗を見て回ることが多いです。松坂屋上野店にはよく行きます。

となんとも仕事熱心な回答をされています。

休日もずっと仕事のことを考えているからこそ、業績を上げつづけられるのだろうなと感じました。

ただ、奥さんや子供がいるのであれば、もっと家族と過ごす時間が欲しいだろうな、と思ってしまいました。笑

Jフロント社長の年収はいくらなのか

社長なだけあって収入も大きそうだと思いますが、実際のところどうなのでしょうか?

ただ、本人の口からこういった金額についてのデータはほとんど公開されません。

web上のデータを元に推測してみました。

2016年のjフロントリテイリングの平均年収が815万。

社長の年収が社員の2,3倍というデータがありますので、1600~2400万程度になります。

少々情報が古いものの2009年では、取締役員報酬が一人あたり4000万というデータもありました。

また、jフロントリテイリングは成功報酬型の給与システムを採用しているため、山本さんの年収は5000万以上はあるというのが予想です。

まとめ

カンブリア宮殿では、山本さんがどうやって百貨店を再建したのかについて注目したいですね!

Jフロント社長の戦略と思考に期待です。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加