パーマ大佐の嫁や姉!森のくまさんの歌詞がヤバかった… | UniqueNet+

パーマ大佐の嫁や姉!森のくまさんの歌詞がヤバかった…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森のくまさんの替え歌を作った、歌上手芸人のパーマ大佐。

何やら替え歌に対しては賛否が分かれているようです。


第二のピコ太郎到来……?!

という期待の声もありますが、パーマ大佐の歌が上手いのは家族の影響があるんです。


  • パーマ大佐の家族
  • 森のくまさんの歌詞がヤバすぎるw

について話題をお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

パーマ大佐ってどんな人?

本名は國土郁音(こくどいくと)さん。

あんなに面白い歌を歌っているのに、名前が意外と真面目ですね。

1993年8月26年生まれで現在23歳。しかも意外と若いw


所属事務所は太田プロダクションです。


両親について調べると、母親がピアニストで幼少期から音楽の英才教育を受けていたといいます。

2歳から12歳の頃まで毎日6時間も特訓していたという話です。


すごいですね! よほど音楽が好きでないと続かないだろうなと思いました。


現在弾ける楽器ですが、ウクレレ、ピアノ、打楽器、笛、ハーモニカということです。一人で色々弾けるとアレンジも楽しそうですね。


父親も音楽評論家という話ですから、パーマ大佐さんの家族は音楽一家だったんですね。


さらに! パーマ大佐さんのお姉さんも作詞家をされています。

どんだけ凄いんだ、國土一家。

お姉さんの歌声もめっちゃ綺麗で良いですね。落ち着く感じ。


ということでパーマ大佐さんも家族の影響を受けて、歌上手芸人の道を歩んでいるようです。

森のくまさんのアレンジが本気すぎ!歌詞の内容が…w

動揺・森のくまさんは有名な歌ですよね。

それがパーマ大佐のアレンジによってオシャレな歌(?)に大変身!

実際にまずは聴いてみてください。


アレンジしすぎやろ……笑


森のくまさんなのに、恋愛要素を含んだ歌詞になっています。


気になる方も多いようなので、歌詞のストーリーをご紹介します。


森で出会う赤ずきんちゃんとくま。二人は恋に落ちるも赤ずきんが、私には後ろめたい過去があるの! と暴露。


それでも君が好きだよと雰囲気で伝えるくま。しかし警察がやってきて赤ずきんが逃げる。


暫く経って喪服を着た赤ずきんが死んだくまの元へ。END


という流れです。謎すぎますね。笑

二人とも結ばれないのかい! と突っ込んでしまいますね。バッドエンドやんかー。


youtubeにはドレミの歌の謎という歌もありますね。

ドレミの歌に対する素朴な疑問を歌ったものですが、これもアレンジがおかしすぎます。

パーマ大佐さんのそのアレンジ力、素晴らしいですね!


真剣にアホなことを考えているあたりが笑いを誘います。漫画・バクマン。でいうところの”真面目にシリアス”みたいな。

彼女や嫁はいるのか

気になったので調べてみましたが、パーマ大佐さんには現在そういった話はありませんね。


彼女の噂もないですし、結婚はしていません。

まだ20代ですしこれからですね!

パーマ大佐まとめ

何やら先日、アレンジした森のくまさんをCD化した際に著作権侵害だとして訴えられたそうですね。


英語歌詞を和訳した馬場祥弘さんは自分の知らないところでCD化がされてビックリされたことだと思います。


逃げ恥の恋ダンスでもそうでしたが、既存の作品を自分が演奏したり使ったりするのは個人の範囲内ではOkという見方もありますが、営利目的で使用してしまうのは不味いですね。


とはいえ、パーマ大佐さんの歌は上手いですし、芸として魅力があるのでこれからさらに活躍していってほしいなと思いました。


それでは最後まで読んでくださってありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加