インフルエンザ2016の症状!嘔吐の対処法と吐き気の治し方 | UniqueNet+

インフルエンザ2016の症状!嘔吐の対処法と吐き気の治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すごく熱がある。嘔吐や吐き気があるけど、これってただの風邪? それともインフルエンザ? 早く治したい!

体調が良くないと段々不安になってきますよね。

この記事では、インフルエンザになった時の症状や吐き気の原因、対処法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

インフルエンザの症状

インフルエンザになると様々な症状が出ます。

吐き気、嘔吐、頭痛、高熱が出る、咳が出る、食欲不振、体がだるい、筋肉痛など。

特に嘔吐では、一回だけでなく数回吐いてしまうこともあります。ノロウイルスかインフルエンザを判別するには、38度以上の高熱があるか? 筋肉痛や体がダルイか? などの症状があるか確認してください。これらの症状があれば、インフルエンザです。

嘔吐や吐き気の原因は?何日続くの

吐き気がするのは、胃の中の異物を体外に排出しようとする”自己防衛反応”が働いているからです。

そして吐き気が続くのは、高熱が出た初日だけです。何回も嘔吐する場合もありますが、数日もの長い間「ずっと気持ち悪い」ということはありませんので、安心してください。

まずは、熱が下るまで横になってゆっくり療養していましょう。

対処法や治し方

吐き気がして気持ち悪い場合は、まずは思いっきり全部吐いてしまってください。体の中に残っている異物を体外に出す必要があります。

しんどいですが、まずは吐けるだけ吐いてしまった方が後々楽になりますし、その方が治りも早いです。

吐いた後の対処法です。

嘔吐した後は体の水分が少なくなっている状態です。ですので、まずは水分を補給しましょう。水分と一緒に栄養も失われていますので、体に吸収しやすい、スポーツ飲料が望ましいです。

一気にたくさん飲まずに、少しずつ補給するようにしてください。少し飲んだら数分後、という具合に間隔をあけましょう。

また、水分をとると吐いてしまう場合には、何も口に入れずに胃を休ませてください。しばらくして水分が欲しくなったら少し飲むようにしましょう。

まとめ

吐き気があるときはとてもしんどいですが、何日も症状が続くわけではありませんので、まずは安心してください。1日も経てば吐き気は治まっていきます。

最初はツラいですが、適切な対処をすれば治りも早いですよ。

今回紹介した内容を参考に、お大事になさってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加