猪子寿之が変な喋り方でおねえ疑惑!両親は誰?チームラボって? | UniqueNet+

猪子寿之が変な喋り方でおねえ疑惑!両親は誰?チームラボって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月6日の「アナザースカイ」に出演する、猪子寿之(いのこ としゆき)さん。日本の実業家でアーティストとしても活躍されています。

そんな彼に何やら「オネエ疑惑」がかかっているようです。なんでも、喋り方が独特すぎるからだとか……(笑)

今回は猪子さんのオネエ疑惑、両親、チームラボについてまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

猪子寿之のプロフィール

名前:猪子寿之(いのこ としゆき)

生年月日:1977年4月15日

出身:徳島県徳島市

大学: 東京大学工学部応用物理・計数工学科卒

職業: チームラボ株式会社代表取締役

 喋り方が独特すぎるがゆえにあらぬ誤解を……

ネットではこんな意見がありました。

「猪子さんって喋り方がオネエっぽい……?」

気になったので、猪子さんの動画を探してきました! 参考動画はこちら。

おー、確かにちょっとオネエっぽい話し方。というより、滑舌が良くないだけなんじゃないかと思います(笑) 中には「チャラい」と感じる人もいるようなので、猪子さんの話し方は独特といえますね。

ただ、私としては、アーティストなんだから中身(作品)を見ようぜ! 話し方なんかどーでもいいだろ! って感じです。人の本質は表面だけ見ていても分からんもんですよ。ほんとに。

チームラボ

で、猪子さんのことを知らないなら、チームラボって何ぞや? という話になると思うのですが、チームラボの概要については以下の通り。

1998年に東大の同級生だった青木俊介、東工大の幼馴染・吉村譲を含めた五人と共に設立したのがこのチームラボ。

「友達とずっと一緒にいたかった」「傍から見苦しく見えても、青春を終わらせたくなかった」「インターネットの誕生に衝撃を受けた」

などの考えをきっかけに猪子さんは設立を決意しています。当初の仕事内容は、企業のホームページの制作を請け負うものが中心でした。この頃はWeb中心の仕事だったということですね。

2000年12月には会社組織になり、有限会社チームラボに。会社になってからはますます猪子さんの活動に力が入り、全国の優秀なエンジニアの勧誘を続けていきました。2002年にはチームラボ株式会社へと組織変更をしています。

現在ではWEB制作にとどまらず、芸術を主体とした物作りを展開しています。チームラボを構成するスペシャリストには、

プログラマ(アプリケーションプログラマ、ユーザーインター フェイスエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア)、ロボットエンジニア、数学者、建築家、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、編集者など

がいます。情報化が進む社会で必要とされる、高い技術をもったプロフェッショナルがわんさかいるということですね。

ちなみにこのチームラボ。公式サイトを見ると……なんかめっちゃ楽しそう!

個人的にはこのものすごい図鑑とか遊んでみたい(笑) ネーミングセンスも「ものすごい」って何だよw と気になってしまうのが良い。webコンテンツとしての遊びの要素だけじゃなく、学びの要素が入ってるのがポイント高いですよね。昆虫についての好奇心。そそられますね~。

Webコンテンツだけでなく、企業のCM映像やロゴ制作なども行っており、チームラボの公式サイトを見るだけでワクワクしてきます。最近ではシンガポールの展示で盛り上がってたみたいですが、ツイッターに投稿された写真を見る限り神秘的な世界観。

こんなにたくさんのアイデアを思いつくなんて、猪子さんの頭の中ってどうなってるんでしょう? アーティストの頭の中を覗いてみたい……(笑)

両親について

猪子さんの両親ってどんな人なんだろう? 猪子さんがクリエイティブすぎるので、ご両親の仕事や性格なども気になってしまいますよね。そこで、猪子さんの両親について調べてきました。

が、あまり情報がない! 気を取り直して調査を進めていくと、猪子さんの親は歯科医師をしている(た)可能性があるという情報を発見。

とある取材で猪子さんがこう答えています。

小学生の頃、夢を問われたら(親の後を継ぐから)「将来は歯科大学に行く」と答える子供だった。

歯科大学……。親の後を継ぐ。つまり親は歯科医師をしているということ。さらに記事を読み進めていくと、

 猪子氏のお父様は歯科医だ。

という情報が。ビンゴ! お父さんが歯科医をしていました。ということは猪子さん、子供時代はあまりお金に不自由していなかったのでしょうか。

結局、猪子さんはお父さんの後を継ぐのはやめて、東大に行く決意を固めています。親に用意された楽な道を選ばなかった。だからこそ、今の「猪子寿之」があるのでしょうね。

大学に入る前までは「夢なんてもってどうすんだよ」という子供だったそうですが、人って何がきっかけで変わるか分かりませんね。

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加